新宿のエピレーシック

皆さんはエピレーシックという言葉を聞いたことがありますか。1990年に始まったレーシックは1995年に日本で認可され、今やとても有名な視力回復の治療方法ですが、エピレーシックという言葉は聞き慣れないかもしれません。一般的なレーシックの治療では、マイクロケラトームという器具を使って角膜の表面を剥がし、フラップという膜を形成しています。ところが角膜が薄い人にとってはこのマイクロケラトームでの治療は適切ではありません。そこでエピレーシックが開発されました。エピレーシックの手術では、レーシックと比較してとても薄いフラップを形成することが可能です。そのため、激しい運動をしてすぐにフラップが剥がれてしまいやすい人や、体質的にフラップが薄くてレーシック手術を断られていた方であっても手術を受けられるようになったのです。このエピレーシックは当然、新宿でも受けることが可能です。フラップを形成した後は光の屈折率を角膜実質を削ることで調整して視力回復を行います。この角膜実質は元の状態に再生されませんので、視力が矯正された状態を維持する事ができるわけです。ただしエピレーシックでの手術では、フラップが作られる時に時間がかかりますし、激しい痛みもありますので承知しておいてください。また、手術後はしっかり目のケアを行う必要があります。しかしそれらを差し置いても、視力回復をしたかった人にとってはぜひおすすめしたい手術です。

 

名古屋 レーシック手術

美容整形 名古屋

美容整形 大宮

レーシック 北海道

美容整形 東京